PowerCMS XのMySQL Dump

コマンド


mysqldump -u [user] -p --hex-blob --add-drop-table [db_name] > [backup_file_name].sql

-add-drop-tableを付けているので、tableが存在する場合は一旦dropされる。


文字コードの変更

nkfを利用して指定ディレクトリ内のファイルの文字コードを一括変換することが可能。nkfはソースから、もしくはHomebrewでインストールできる。


コマンド例


for i in **/*.html; do nkf -w -Lu --overwrite $i; done

画像のプリロード

JavaScript


(function () {
    function preloadImages(images) {
        var objects = [];

        if (Array.prototype.forEach) {
            images.forEach(function (image) {
                var imgObj = new Image();
                imgObj.src = image;
                objects.push(imgObj);
            });
        }
    }

    preloadImages([
        "/images/btn_kv_start.png",
    ]);
}());

IE判定

JavaScript


// Old IE判定
(function () {
    var html;

    if (document.all && !window.atob) {
        // IE9 or older
        html = document.getElementsByTagName("html")[0];
        ajl.util.addClass(html, "browser-oldie");
    } else if (document.all) {
        // IE10
        html = document.getElementsByTagName("html")[0];
        ajl.util.addClass(html, "browser-ie10");
    }
}());

テスト環境に設置したMovable Typeのアイテム管理に関するTips

Movable Type(以下MT)をテスト環境に設置。URLは本番環境のURLを設定しているものとする。


上記の場合、出力するパスをルート相対にすれば概ね問題ないが、アイテム管理画面は本番環境のファイルを取得しようとするのでエラーとなる。そこで、mt.cgiからのアクセスの場合はURLをリライトして対応するもの。


.htaccessの設定(本番環境)


# BEGIN MT for Staging Server
RewriteCond %{HTTP_REFERER} http://[your_id].smartrelease.jp/path/to/mt/[your_admin_script].cgi
RewriteCond %{REQUEST_URI} ^.*\.(gif|jpg|png|svg|ico)$
RewriteRule ^.*$ http://[your_id].smartrelease.jp%{REQUEST_URI} [L]
# END MT