5ページ目

PageBute利用時のページング

PageBute 3.5.7〜で、ページングを作成する場合の例。カレントページの場合の出力も制御可能になっている。


MTML


<nav>
<mt:Pagination>
<mt:PaginationHeader>
<ol class="nav-contents-01">
</mt:PaginationHeader>
<mt:IfPaginationCurrent>
<li><em><$mt:PaginationLink element="number"$></em></li>
<mt:Else>
<li><a href="<$mt:PaginationLink abs2rel="1"$>"><$mt:PaginationLink element="number"$></a></li>
</mt:IfPaginationCurrent>
<mt:PaginationFooter>
</ol>
</mt:PaginationFooter>
</mt:Pagination>
</nav>

タグ付けしたウェブページをまとめて出力する

単一ページをセクション毎に分割してウェブページに入れるのが正しいか議論の余地はあるが、セクション要素を含めて出力するには、今のところこの方法しか無いと思われる。


※.parent > h2に上方向のマージンを付けて、セクション要素を使わない方法も考えられる。


MTML


<$mt:SetVar name="tag" value="@tag01" function="push"$>
<$mt:SetVar name="tag" value="@tag02" function="push"$>
<$mt:SetVar name="tag" value="@tag03" function="push"$>
<$mt:SetVar name="tag" value="@tag04" function="push"$>
<$mt:SetVar name="tag" value="@tag05" function="push"$>

<mt:Loop name="tag">
<mt:Pages tag="$__value__">
<section class="sctn-l1-01">
<h2 class="hdg-l2-01"><$mt:PageTitle$></h2>
<$mt:PageBody$>
</section>
</mt:Pages>
</mt:Loop>

jQuery UI Datepickerの標準実行コード

月名・曜日を日本語表示にして、Datepickerを実行するコード例。Datepickerが複数ある場合は、$.datepicker.formatDate()での設定も検討する。


JavaScript


window.jQuery && (function ($) {
    $("#date").datepicker({
        dateFormat: "yy-mm-dd",
        yearSuffix: "年",
        monthNames: ["1月", "2月", "3月", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月", "10月", "11月", "12月"],
        dayNamesMin: ["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"],
        showMonthAfterYear: true
    });
}(jQuery));