6ページ目

コンバージョン数のトラッキング

コンバージョン数のトラッキングを行う際の各種コード。自社お問い合わせフォーム+MT専用。


Google Analyticsテンプレート


<script>
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXXXXX-Y']);
_gaq.push(['_trackPageview']);
<$mt:Var name="OptionalTrackingCode"$>
(function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

各ページのテンプレート


<mt:SetVarBlock name="OptionalTrackingCode">
// _gaq.push(['_trackPageview', '/funnel_G1/form.html']);
// _gaq.push(['_trackPageview', '/funnel_G1/comfirm.html']);
// _gaq.push(['_trackPageview', '/funnel_G1/thanks.html']);
</mt:SetVarBlock>
<$mt:Include module="Google Analytics" parent="1"$>

EC-CUBEの購入履歴表示を発送済み商品に限定する

クレジットカード決済などで外部の決済モジュールを利用している場合、かつ決済モジュールの実装が不完全な場合、決済が通らなかったにもかかわらずEC-CUBEの購入履歴に表示され、ショップと顧客間で問題が発生する恐れがある。


そこで、EC-CUBEのマイページでは、発送済み商品のみ表示するように変更する。


PHP


/data/class/pages/mypage/LC_Page_Mypage.php(もちろんextendsに書くのがベスト)


    function lfGetOrderHistory($customer_id, $startno = -1) {
        $objQuery   = SC_Query_Ex::getSingletonInstance();

        $col        = "order_id, create_date, payment_id, payment_total";
        $from       = "dtb_order";
        // WHERE IN句の値は適宜変更すること
        $where      = "del_flg = 0 AND customer_id = ?<em> AND status IN (5, 1003)</em>";
        $arrval     = array($customer_id);
        $order      = "order_id DESC";

        if ($startno == -1) {
            return $objQuery->count($from, $where, $arrval);
        }

        $objQuery->setLimitOffset(SEARCH_PMAX, $startno);
        // 表示順序
        $objQuery->setOrder($order);

        //購入履歴の取得
        return $objQuery->select($col, $from, $where, $arrval);
    }

EC-CUBEの商品詳細ページでエラー表示を出す

規格の選択が不十分で商品詳細ページを再表示した際、規格のプルダウンが画面上に見えていない場合は、なぜ詳細ページを再表示しているのユーザーにわかりにくいので、タイトルの下に次のようなコードを挿入し、エラーが発生している旨を伝えるようにした。


Smarty


<!--{if $arrErr|@count > 0}-->
<p><em>規格・数量が正しいかご確認下さいませ。</em></p>
<!--{/if}-->

Smartyで一定文字以降を...にする

例えば本文を100字でカットし、「...」で続きがあることを示す例。


Smarty


<p class="content">{$result.entry_text|strip_tags:false|mb_strimwidth:0:100:"..."}</p>