7ページ目

Expiresヘッダ設定テンプレート

さくらのレンタルサーバーやCPIのACE01では、.htaccessでExpiresヘッダの設定ができる。以下テンプレート。調整しながら利用する。


.htaccess


# Correction MIME Type(CPI ACE01)
AddType image/vnd.microsoft.icon .ico

<ifModule mod_expires.c>
	ExpiresActive On
	ExpiresDefault "access plus 1 seconds"
	ExpiresByType image/x-icon "access plus 3 days"
	ExpiresByType image/vnd.microsoft.icon "access plus 3 days"
	ExpiresByType image/jpeg "access plus 3 days"
	ExpiresByType image/png "access plus 3 days"
	ExpiresByType image/gif "access plus 3 days"
	ExpiresByType text/css "access plus 3 days"
	ExpiresByType text/javascript "access plus 3 days"
	ExpiresByType application/x-javascript "access plus 3 days"
	ExpiresByType text/html "access plus 600 seconds"
</ifModule>

$.proxy()的な関数の自作

var self = this;のようなコードを書かなくて済む機構。まだテスト不足かも。


2012年10月18日、IEでエラーが出ていた問題の解消法の追記と、eventが受け取れなかった問題を解消するために変更を加えた。


JavaScript


function ReplaceGmaps() {
    // Do Something
}

ReplaceGmaps.prototype = {
    proxy: function (obj, fn) {
        return function () {
            fn.apply(obj, arguments);
        };
    },

    replace: function () {
        // Do Something
    },

    init: function () {
        event.add(this.target, "click", this.proxy(this, function (e) {
            this.replace();
        }));
    }
}

git/svnの差分抽出スクリプトのサポートスクリプト

Hisateru TanakaさんのGitやSvnなどの差分ファイル抽出決定版に掲載されている差分抽出スクリプトをより簡単に利用するためのシェルスクリプト。


シェルスクリプト


PATH=$PATH:$HOME/Tools

exportdiff() {
    if [ "$2" = "" ]; then
        d="../release"
    else d="$2"
    fi
    rm -rf $d/*
    git diff --name-status $1 | export-diff.py $d
}

使い方


最新コミットと1つ前のコミットの差分が現在より1つ上の階層のreleaseディレクトリに出力される。


exportdiff HEAD~1